2021年07月24日

アラカン糖尿病おやじが、朝一30日で得た気づきとは。



20分のウォーキング


こんにちは。ふじはなこです。

1年3ヶ月、ずーと朝食後17.70分(=1.4q)続けて来ていたウォーキングを
朝一で27.50分(2.2q)に変えて30日経ちます。

もう13年前に通販で購入した20,000円の
広くて頑丈なランニングマシーンに乗ってやっています。
これが費用対効果抜群!!


ーーで、その成果が想定を超えていたんです。
これには驚きました。

運動時間が20分を境目にして
身体の新陳代謝が一気に変わります。

汗も結構搔きます。

効果を凄く感じるのは、
朝一の運動は、1日中身体の新陳代謝を促し続けるらしい、
という点。

結果、膵臓、腎臓機能が活性化し
糖質代謝や老廃物排出が進むので
尿の出方とその質が違って来ます。

体中の毒素が気持ち良く出る感じですね。
便秘改善にもなります。
デトックスというやつです。


体重の方は、−3s!
体脂肪−2%!!
内臓脂肪−1%!!!


歩く。

これは、動物としての人間が
古今東西、延々と続けて来た運動でした。

基本の中の基本の運動!


今回の筆者の最大の気づきでした。
この大切で深遠な一点を
長い時間忘れ去っていた自分が居たのです。

今から60〜100年前、まだ交通手段が発展していなかった時代、
当たり前に通学通勤、商売、農業など
1日10q〜20q歩いていた人達の中には

糖尿病を始めとする生活習慣病は殆ど居なかったはずです。

栄養豊富な食材も少なかったこともありますが、
兎に角、毎日、歩くことが生活の一部になっている人間の体に
今で言われる生活習慣病などが入り込む余地がない。

まあ、今回の気づきは、こういうものだったんです。(^^)


筋肉をふやすために効果抜群の方法=スクワット運動のやり方は
「こちら」
(株式会社 Smartlog提供)


「超健康ダイエットは」
「こちら」
■□「ご質問・ご意見は」■□
「こちら」

ふじはなこ
posted by あきよ at 08:48| ダイエット  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする